太もも脂肪吸引が驚くほど跡がなくすぐできるクリニック

髪の毛の乾燥対策となるブラッシング

 

髪の毛は傷みがひどくなると切れ毛という症状が起こります。切れ毛とは、主に毛先がプチッと途中で切れてしまう症状のことを言います。

 

髪の毛の栄養が不足してしまい、髪の毛の内部の組織がスカスカになると髪の毛が弱くなっていき途中で切れてしまうのです。髪の毛が切れ毛になってしまう原因は様々ありますが、主に生活習慣が大きな要因となっております。

 

髪の毛のケアを怠ったたり、髪の栄養不足が主な原因となりますが、偏りのある食生活をしていると切れ毛がひどくなってしまうことがあります。

 

食事制限などの過度なダイエットやファストフードの食べ過ぎは、健康に害を及ぼすだけでなく髪の毛の切れ毛にも繋がります。

 

例えば、食べ物を極端に食べす一種類の食品しか食べないなどの偏った食事制限ダイエットをしてしまうと、体に必要な栄養素がいき渡りません。体に栄養がなくなると、髪の毛にも栄養が届かないので髪の毛が痛み、切れ毛が多くなっていきます。

 

また、乱れた食生活でファーストフードやコンビニのお弁当ばかり食べていると栄養が偏ってしまい、体も髪の毛も栄養不足を引き起こします。すると女性ホルモンの分泌も鈍ったり、髪の毛をブラッシングしたり洗うときに髪が傷つきやすい状態になってしまいます。

 

栄養不足になった髪の毛はどんどん細く弱くなってしまい、切れ毛は悪化していきますので、まずは髪の毛の健康のためにきちんとした食生活を送ることが大切です。野菜やタンパク質などしっかりと摂取できているか、3食バランス良く食べれているかなどのセルフチェックをしましょう。

 

髪の毛の質を上げるには食事が大切

髪の毛を調べるとその人が日々どんな食生活だったのか分かるそうです。栄養不足だったのか、脂っこい食事ばかりなど食の違いによって髪の成分が変わってくるというのです。つまり食事によって髪は、良くも悪くも影響が出てしまいます。
髪の質を良くしたいならまずは食べるものを気を付けなければなりません。

 

髪にいい食事というとワカメなどの海藻類が良く知られていますが、海藻類に含まれるミネラルは体にも必要な栄養素ですがこれだけでは髪の毛を作ることはできません。多くの栄養をバランスよく摂ることが大切です。
バランスよくというのがとても難しいと思われるかもしれません。なのでその中でも大切な栄養をご紹介いたします。

 

質の良い髪を作る前にまずは、髪の毛の主成分であるたんぱく質です。これがないと髪の毛自体が細くなってしまったり生えないといったことになってしまいます。タンパク質と言うのは体を動かすのにも多く使われてしまう栄養素のため不足してしまうと、髪の毛への供給がストップしてしまいます。動物性たんぱく質の肉や魚、植物性たんぱく質のきのこや豆類を食べるようにしてください。

 

次にタンパク質の働きをサポートしてくれる亜鉛は新陳代謝を高めてくれます。キレイな髪を作るのに必要不可欠なミネラルの一つです。現代人に不足しがちな栄養と言われておりワカメなどにも多く含まれていますが貝類などからも摂ることが出来ます。
さらにカルシウムもつやのある髪を作るのに大切です。意外に思われるかもしれませんが白髪を気にしている方に特に重要となっています。

 

このような栄養を含む食品を食べることで質の良い髪を作ることが出きます。

ホーム RSS購読 サイトマップ